体毛が濃い人は情が深いということから考えても

女性は平和主義者で残虐ではありませんが、薄情ではあります。

気分屋ですし、男性とお別れしたあと振り返らないのも女性ですよね。

男性は結構グズグズ考えますし、いつまでも煮え切らないというか、引きずる傾向にありますよね。

毛深い女性が情が厚いというのは、その男性が好む「薄情じゃないところ」というのがある女性ということではないのでしょうか。

男性ホルモンが若干優位にあるということかもしれませんね。

情が厚いというのも、多分、言い得ているのでしょう。

ただもちろん女性的なところもあるので、きっと悩んでしまうでしょうね。

もっとサラッと考えて「次いこ次!」って思えるのが女性であるのであれば、もっと楽なのになと思ったりもします。

多分ですね、そういう性格を変えるということも、ホルモンバランスを変えるというものに少なからず影響する気がするんですよ。

まず脱毛してみると

体毛が濃いことで悩んでいる女性はたくさんいると思いますが、若干男性ホルモンが優位になっているとすれば、男性のように「気が優しくて考え込んでしまう。」「切り替えが下手かもしれない」という印象です。

これってですね、毛根から無くすという脱毛方法で、気持ちも変わるし、ホルモンバランスも変わってくるのではないかしらと予想しています。

自分が「なんかオッサンみたいだ。。。」と落ち込む心が無くなることで、ストレスが減りますよね。

「病は気から」といいますが、気持ちが身体を変えるということが実際にあります。

女性らしいと自分が思えることで、内面の働きも変わってくるということはあると思います。

ですからまず自分が自信を持てるというのが、女性的な自分を出していくというのに大きな影響を与えてくれると考えています。

私は毛深い女性が必ずしもおかしいとは思っていません。

それによって「おっさん化」だとも見ないのですが、「自信が持てるようになる」ということと「毎日お手入れすること」でガッカリする自分を「再確認」するんですよね。

そういうことをまず排除してみると、かなり心持ちも変わると思うんです。

「情が厚い」ところは残るでしょうし、男性へのアピールも変わってくるかもしれませんよね。